シングルマザーは育児と恋愛両立できる?子供を傷つけないための3つのルール

-----スポンサーリンク-----
育児 恋愛

仕事と育児に家事で毎日大変なシングルマザー。

子供が小さければ小さいほどお母さんはお母さんでいなくてはいけない。

でも、やっぱり恋したいと思ってしまいませんか?

私も「友達」ではなく「彼氏」という存在が欲しくなってしまうことがよくあります。

そんな時にやはり耳障りになってしまうのが周りの声です。

「母親なのに色恋ばっかり。」
「子供がかわいそう」
「ちゃんと子供の面倒見てるの?」
「子供が成人するまで待てないの?」

などと様々なことを言われている先輩ママも見てきました。

周りのいうことを聞いていたら、私の場合ですが、
現在27歳で1歳の娘を育てているので、
もし娘が20歳になるまで待っていたら
後19年は恋愛できないことになってしまいませんか?

ではどうすればいいんでしょう?

そんな疑問に答えてくれた先輩からのアドバイスを幾つか紹介します!

-----スポンサーリンク-----

シングルマザーは恋愛しちゃいけないの?

恋愛禁止

今の日本には「シングルマザーは恋愛するな」というような風潮があります。

ではシングルファザーの場合はどうでしょう?

「早く新しい嫁を見つけなさい」

なんて周りには言われてるんですよ。

どうして男は新しい恋愛を勧められて、
女は母親としての人生だけを強いられるんでしょう?

たしかに子供には母親は大切です。

しかしこの日本の風潮は明らかな男尊女卑の世界です。

おかしいと思いませんか?

私が思うシングルマザーとシングルファザーの大きな差は
「収入」と「協力」だと思います。

私の知る限り、シングルファザーで
家族の協力なくして子育てしているパパはいません!!

しかし、ママはシングルマザーとして
仕事も子育ても一人でも両立してしまうんです!!

たしかに男性は収入は高いですが、一人では子育てまで手が回りません。

女性は収入は低いですが、一人でも頑張れます。

だからどちらも良い部分悪い部分はあります。

どちらも恋愛をしていい、悪いなんて話にはならないんです。

決めるのは本人。

今の日本では3組のうち1組は離婚しているんですから、
子供がいても次の幸せを見つけていいんです。

外野のいう事は聞き流しましょう!!!!

子供を傷つけずに恋愛しましょう!

子供 傷つく

外野の声が聞こえなくなったら
次に心配になるのはもちろん子供の事・・・

子供をないがしろにするなんてできません。

だからと言ってどちらか一つを選ぶなんてできないですよね?

だったら子供をできるだけ傷つけない恋愛方法を考えてみましょう!

恋人を優先しない

彼氏ができてしまうと
どうしても癒しを求めてしまいがちです。

しかし、子供の前では連絡を取らないこと。

例えば子供が寝ている時間、
保育園に預けている時間などを活用するようにしましょう。

子供との時間にいつも以上に彼氏と電話するママの姿を見てしまうと、
どうしてもママを取られてしまった気になってしまいます。

そうなると怒りの矛先は彼氏に向いてしまいます。

今後子供と彼氏を合わせる事になった場合、再婚する事になった場合に
子供と彼氏の関係が悪くなる可能性もあるから気を付けましょう。

今まで以上に子供を大切に

子供 大切
今でも子供を大切にしている事は分かっていますよ!

彼氏がいても子供が一番という気持ちはあっても、
どうしても生活の中に「彼氏」という存在ができてしまうと
「自分だけのママ」と「自分の知らない女の人」という2つの顔が生まれてしまいます。

それは子供にとって、とても不安で寂しい事なんです。

「ママは一番あなたを愛しています」という事を
言葉や態度でしっかりと伝えてあげましょう。

子供との時間は今まで以上に楽しいものにできるようにしましょう。

子供にとって自分がママの一番という自信がつく事で
母親の彼氏に対するライバル心は薄れる事でしょう。

別れる勇気を持つ

別れる

子供が小さい時の恋愛において、
彼氏がよほど理解してくれる方でないと関係は続きません。

もし彼氏が子供の事より恋愛関係を優先する場合、
独り身の恋愛とは大きく違います。

最初は理解してくれていても、
少しずつ付き合いが長くなるにつれて
態度が変わってしまう人もいるので、
そうなってしまった時にきちんと別れる勇気と強さを持ちましょう。

まとめ

シングルマザーでも彼氏が欲しい、
再婚したいと思う事は当然の事です。

子供が優先という事も重々承知しています。

子供は手が離れてからと考えるのは
育児と恋愛の両立に自信が無いからですよね?

私自身も今はまだ、育児と恋愛の両立に不安があります。

それでもこうして先輩ママから教わった事を教訓にして、
母親として、女として素敵な人生を送る事ができたら素敵だと思います。

「シングルマザー」だからと言って全てを諦める必要はありません。

子供と一緒にママも幸せになりましょう。

-----スポンサーリンク-----

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。